カメラのレンタルサービスはお得なのか?




以前、屋久島に行った際に防水カメラをレンタルしてみました。昨今はレンタルサービスも充実してきており、所有よりもレンタルするという意識が広がってきているように思います。今後も様々なレンタルサービスが登場してくるように思います。

さて、今回はカメラをレンタルしてみていくつか思ったことがあるので、そのことについて少し書いてみたいと思います。

レンタル料金が高すぎる?

利用したのはRentioというサービス。借りたのはOLYMPUS 防水カメラ STYLUS Tough TG-5。
料金は4泊5日で7,480円。購入した場合は41,400(価格.com調べ)なので、購入するよりはお得にカメラを利用することができます。しかし、この値段設定は少し高い気がします。

レンタカーですら、4泊5日で2万円程度で借りられます。いろいろなからくりがあるにせよ、本体価格100万円以上する車が2万、かたや本体価格4万程度のデジカメが7000円。これはどう考えても割に合わないですね。

車と同じ比率で考えれば、カメラは1000円程度であればお得といえるでしょうか。

メルカリを利用した方がお得にカメラを使えるかもしれない

それでも1度しか使わないかもしれないカメラを購入するのはちょっと、、、という方は、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリを利用することをお勧めします。

上記のカメラであれば数回使用したものでも¥35,000ほどで取引されています。手数料や送料などを考えても、2回以上レンタルするのであれば新品を購入して、メルカリで売った方がお得ですね。気に入ったなら売らずにそのまま使うことも、もちろん可能です。

メルカリで中古品を購入して数回使用したのちに売れば、よりお得にカメラを利用することができますね。

レンタルサービスにもメリットはある

レンタルカメラが割高だということを書いてきましたが、もちろんメリットがないわけではありません。

1回しかカメラを使う機会がなく、かつその1回が3泊4日程度ならば、コストのメリットがあります。TG-5であれば送料込みで¥6,980で借りることができます。新品を買ってメルカリで売る場合、¥41,400(本体価格)−¥35,000(売却価格)+¥3,500(売却手数料)+¥700(送料)=¥10,600程度の支払いが想定されるため、¥3,000程度安く済ませられます(価格はあくまで想定です)。

また、二回以上レンタルを利用する場合でもメリットはあります。例えば、レンタルであれば常に最新機種を使用することができます。頻繁にレンタルせず、レンタルの間隔が空く人には良いですね。
さらに、用途に合わせて適切なカメラを使い分けたい人にもおすすめです。今回ご紹介しているTG-5はアウトドアに特化したカメラで、ダイバーなどに絶大な人気を誇ります。一方で、アウトドア以外の観光や街撮り、ポートレートなどで使用したい場合はもっと適しているカメラがたくさんあります。rentioは扱うカメラの種類がとても豊富です。コンパクトデジカメはもちろん、ミラーレスや一眼レフなどもラインナップされています。旅行のスタイルによって最適なカメラを選びたい人にはうってつけです。

ちょっとお試しして、気に入ったら買うという方も利用の価値はあるかもしれません。ただ、カメラは様々なシーンで使い込んでみて、その良し悪しがわかったりするものですので、気に入らなかったら売るメルカリ利用法の方が良い可能性があります。このあたりは、何とも言えませんね。

まとめ

カメラのレンタルサービスはとても便利なサービスです。
一方で、価格設定は少し高いと感じる人もいるかもしれません。買って所有するほどではないという人は、メルカリなどのフリマアプリ等をうまく活用してみるのもいいかもしれませんね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です