水槽の長期維持には設置場所が一番大事




熱帯魚飼育の経験がある人は誰しもが一度は頭を悩ませる水槽の置き場所問題。

水槽は少し特殊なインテリア(?)です。大げさではなく、設置場所しだいで水槽を長期的に維持できるかどうかが決まります。

その特徴は大きく分けると水が入っていること生き物がいること、そして定期的なメンテナンスが必要であるということです。

水が入っているということ

当たり前のことですが、水槽で熱帯魚などを飼うには水が必要です。しかし、この水が厄介者です。水が入った水槽というのは想像以上に重くなります。例えば、熱帯魚水槽などで一般的に用いられる60cm水槽ですと、レイアウト用の石や流木も入れると100kg近くになります。そのため、ちょっとした棚などの上に水槽を置こうものなら棚が重さに耐えられず崩壊するといった最悪の事態も起こりえます。水槽用に作られていない棚や台などはそこまで重いものを乗せることを想定していないため、耐荷重が足りません。

そこで、多くの人は既製品の水槽台を購入します。既製品に気に入るものがあり、予算内に収まるのであればそれを買うのがベストな選択肢であると思います。しかし、サイズやデザインが気に入らない、値段が高すぎる、既に置きたい場所が決まっているといったことは往々にしてあることです。かく言う私も、水槽台を買わずに今までやってきました。以前は水槽台を置く場所がなかったため、60cmのロー水槽を無印良品のユニットシェルフの上に置いていました。1年間運用して気づいた60cmロー水槽のメリット、デメリットでも書きましたが、強度に不安があったため棚板を写真のように補強していました。

非常に見栄えが悪いですね。
水槽の置き場所でまず考えなければいけないのは、その置き場所が使用に耐えうる場所であるかという点です。水槽を置いたはいいが、棚板が歪んできたとなってしまっては、水槽を長く維持することは困難です。

生き物がいるということ


水槽には熱帯魚、水草をはじめとした生き物がいます。水槽を設置する場所はこれらの生活環境を考える必要があります。例えば、窓際などの直射日光が当たる場所は水槽の設置場所としては適していません。直射日光が当たると夏場は水温が上昇し、熱帯魚に致命的なダメージを与える可能性があります。また直射日光が当たるとコケの発生につながることも多いです。直射日光に限らず水温の上昇には気を付けた方が良いです。熱帯魚と名前はついていますが、30℃を超えるような環境では生きていけません。機械の排熱が当たる場所なども避けた方が良いでしょう。
また、魚が驚いてしまうような騒音が多い場所にも水槽は置かない方が無難でしょう。どんな生き物でもストレスがかかると短命になってしまいます。水槽を長く維持するためには、生き物の住む環境を整えるということがコツです。

定期的なメンテナンスが必要であるということ

水槽の特徴、その3は定期的なメンテナンスが必要であるということです。
水槽は小さな生態系です。魚がいて、その魚がする排泄物を餌として水草が成長する、またバクテリアが有機物を無機物に分解する。それらを魚が餌にする(時もある)。ただし、地球環境と違って水槽の生態系は非常に小さいです。バランスの取れた水槽は、ある程度放っておいても大丈夫ですが、それでも限度があり、人のメンテナンスが必要不可欠です。頻繁に発生するメンテナンスとしては、水の継ぎ足し、入れ換え、水草のトリミングなどがあります。水の継ぎ足しなどは1週間に1度程度は行う必要があります。これは、他のインテリアにはない特徴です。観葉植物であっても、水をあげるくらいでしょう。大きくなりすぎた場合はトリミングも必要ですが、熱帯魚水槽ほど手間はかかりません。水草は一本だけ植えるということはまれで、数本~数10本を植えることになるため、トリミングの回数も増えます。また、観葉植物に比べ成長速度も速いものが多く手間がかかります。
このように水槽は、維持するのにそれなりの手間がかかります。よって、水槽を設置する場所はメンテナンスを考慮した場所に置く必要があります。上記に上げたようなメンテナンスを行う場合、水槽の蓋を開けてメンテナンスをするため、上部に何もない方が良いです。例えばステンレスラックなどの中段に水槽を設置してしまうと、作業が制限されストレスとなってしまいます。また、水草のトリミングなどを行うので、あまり高い場所や低い場所に設置すると無理な姿勢を強いられることになり、これもストレスとなります。また、メンテナンスをする上で、必ず水道を使用します。できれば水道までのアクセスが楽な方が良いでしょう。
僕は水槽を維持する上で最も大事なことは、いかにメンテナンスをストレスなく行えるかという点にあると思っています。ストレスが多くなるとモチベーションの維持が困難となり、気づいたら水草はぼうぼう、換水も面倒くさくなり、魚にとっても環境が悪くなっているということになりかねません。

このように水草が生え放題になってしまうこともあります。これでは、見た目も美しくなく、飼育環境も悪い状態となってしまいます。

作業性に加え、普段よく見える場所に水槽を設置するというのも水槽維持のコツです。例えば水草が枯れたり、魚の糞で底砂が汚れてきたといった細かな点に小まめに気づくことができれば、水槽のメンテナンスをしようかなという気になります。これが、あまり見えない場所だと気づいた時には、魚が死んでいたり、コケが繁茂していたりするといったことになりえます。おすすめは、普段、勉強や作業をする場所のすぐ近くです。家で一番いる場所の近くがよいと思います。そこであれば水槽の小さな異変にも気づきやすい上に、水槽を立ち上げる目的の一つである癒し効果も存分に得られます。

水槽はあらかじめメンテナンスがしやすい場所、よく観察できる場所を選定し、設置しましょう。

まとめ

水槽を設置する場所のまとめとして、3つの注意点をあげました。

①水槽の重さに耐えらえる設置場所であること
②熱帯魚などの生育に適している場所
③メンテナンスがしやすい場所

いずれも、水槽を長く維持していく上では必要不可欠なことです。水槽を長く維持するということを考えて設置場所を決めれば、素晴らしいアクアリウムライフがまっています。水槽の設置場所選びは慎重に。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です