おすすめ裾バンド(アンクルバンド) 【エムピウ】TOKYOBIKE Trouser’s Clip




エムピウが販売する自転車用足首バンドをレビューしたいと思います。

これはエムピウとTOKYOBIKEがコラボした商品です。裾バンドと呼ぶ人の方が多いかもしれません。

ママチャリでは起こりえないかもしれませんが、スポーツバイクなどでギアやチェーンがむき出しになっている自転車に乗っている方は、裾が擦れて汚れたり、巻き込まれたりした経験があるのではないかと思います。僕も一時期、悩まされたことがありました。

最初は裾をゴムで止めていましたが、ミニベロにゴムはさすがにダサすぎる!ということで、ちゃんとしたバンドを買おうといろいろと検討しました。

僕が最初に思い浮かんだ裾バンドと言えば、「蛍光色で伸ばした状態で腕に強くあてると勝手に巻き付くやつ」でした。子供のころに、安全のために配られた記憶があります。
しかし、あれもダサい。。。夜間などには目立つため、安全性は高まりそうですが、ミニベロには合いません。

次に考え付いたのが、スポーツブランドの裾バンドです。マジックテープで留めるタイプのもので、機能性が高いものが多いです。ただ、これは少しスポーティ感が出すぎてしまい、やはりミニベロには合いません。

いろいろ検索をするとお洒落なものがいくつか見つかりました。特に革製のものは、服にも合わせやすく、僕のイメージしていたものに近いものがありました。

僕はもともと革製品が好きだったのもあり、革製のものを中心に探すことにしました。

そんな中で見つけたのが、この製品です。

この製品を選んだ理由は

1.僕が探した中で、唯一、革製品を本業で製造販売しているブランドだったこと
2.もともと好きなブランドであったこと
3.機能的かつお洒落であったこと

の3点です。

エムピウとは

エムピウは2001年に村上雄一郎氏が立ち上げた革製品のブランドです。
「中身を取り出しやすく、使えば使うほど愛着がわく。」という思いから始まったブランドの製品は、非常に機能的であるのと同時に革製品を持つ楽しさを教えてくれるものばかりです。
エムピウは「m+」と書きます。村上氏のイニシャルのmに+をつけたのは「作りて+誰か」によって物が完成するからとの意味があるそうです。

TOKYOBIKEとは

TOKYOBIKEとは「東京を走る自転車」をコンセプトにしたブランドです。山を走る自転車がマウンテンバイクなら、東京を走る自転車は「TOKYOBIKE」であると。
このため、製品は都会の街に溶け込むようなスタイリッシュなものが多いです。自転車は、「これにまたがり颯爽と東京の街を走っていたら、かっこいいだろうなぁ」と思わせてくれるようなものばかりです。

Trouser’s Clip(トラウザーズクリップ)

さて、そんな2つのブランドがコラボして出来た裾バンド。スタイリッシュでない訳がありません。まさに、街乗り用の自転車のために作られた裾バンドと言っていいでしょう。
バンドはベルトのように留められるようになっています。穴は3つ開いていて、大きさの調節が可能です。

素材はベルギー産ヌメ皮!


ヌメ皮というのは、植物のタンニンを使って牛の原皮を鞣し、表面加工をほとんど施さずに仕上げた革で、革の中の革とも呼ばれます。必要最低限の加工しか施されていないため、革本来の味が楽しめるのが特徴となっています。場合によっては、血管や毛根の後がわかることもありますが、それもまた味と捉えて楽しむことができるのが特徴です。また、使えば使うほど風合いが変化します。これをエイジングといいますが、ヌメ皮はエイジングによる変化が大きく、楽しむことができます。革好きの人は、「革を育てる」なんて表現をしたりします。
エムピウの裾バンドは、ヌメ皮を使っており、カラーは7色あります。その中で、僕はベージュを選びました。一番、エイジングを楽しめると思ったからです。
裏はピッグスウェードと呼ばれる、豚の革が使用されています。

スウェードとはなめした革の内側をサンドペーパーなどで起毛させたもののことです。起毛させているので、滑りづらくなっています。革のブランドらしく、革の特性を生かしたつくりになっています。
革のパーツは2つから成っており、これをつなぐのが革と同じ色のゴムバンドです。ゴムバンドがあることで伸縮性を持たせています。パーツ同士はギボシと呼ばれる革製品でよく使われる金具で固定してあります。

真ん中にm+とTOKYOBIKEのロゴがあります。

大きさ

僕はかなり足首が細い方(手で一周掴めるくらい)なので、3つの穴のうち一番手前の穴を使用しています。真ん中の穴を使うこともあります。今まで、バンドが大きすぎると感じたことはありません。女性や子供でも問題はないと思います。また、ゴムバンドを使用している部分もあるため、かなりの伸縮性があります。少し筋肉質な方でも、十分に対応できるものと思われます。

エイジングについて

僕はこのバンドを4年間使用しています。4年前との比較が以下のような感じです。


上が購入当初、下が4年間使用後です。

4年間使用するとこのようにエイジングします。比較してみると、色が変わっているのがわかると思います。

おしゃれな裾バンドを探している方は、参考にしてみてください。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です