【中古のiPhone6sはいくらで売れるのか?】秋葉原の中古買取店15軒を比較!




つい先日、僕はiPhoneを6sから7に買い替えました。8やXが出ている中で、なぜ今頃7?と思われるかもしれませんが、それについては、こちらをご覧ください。そして、現在、使わない6sが手元にある状態です。動作は良好なため、中古品として売ろうと思っているのですが、どうせ中古品として売るのなら、高く売りたいと考えています。そこで、どこの中古買取業者であれば一番高く買い取ってくれるのか検証してみました。

検証の場は、日本最大の電気街である秋葉原にある中古品買い取り店。各店舗を回り実際に査定してもらいました。

iPhoneの状態

スペック

iPhone 6s シルバー 64GB です。
キャリアーはソフトバンクでしたがが、simロック解除済みなため、ソフトバンク以外の回線を使用する格安simも使用可能な状態です。

状態

一見するとキレイな状態です。ただし、2年間使用していたので、よくよく見ると細かな傷が少しあります。

最大の欠点は画面に小さいホワイトスポットがあることです。普通の画面ではわかりませんが、白い画面ではわずかにわかります。


ちょうど真ん中の上の方に、ポツリと小さいスポットが確認できます。

付属品は完備しています

動作は正常で、残債はありません。

検証した秋葉原の中古ショップと買い取り価格一覧

今回買い取り査定をしてもらった中古ショップを一覧にしてみました。

中古買取業者最高買取額査定額内訳
ソフマップ2号店2階¥19,000¥22,100ホワイトスポット -¥1,900
simロック解除 +¥5,000
イオシス¥21,000¥22,000ホワイトスポット -¥4,000
simロック解除 +¥5,000
じゃんぱら5号店-¥27,000-
ドスパラ¥22,000¥19,360本体¥17,600
買取10%upキャンペーン+¥1,760
ドラゴンモバイル-¥30,000-
GEOモバイル¥22,000¥27,150本体¥22,000
simロック解除+¥5,000
付属品各+¥50
ハードオフ¥18,000--
RMobile¥21,000¥12,000ホワイトスポット-¥9,000
モバイルヘッド-¥25,000
-
トゥインクルモバイル¥22,000¥18,000傷とホワイトスポットで-¥4,000
じゃんぱら¥30,000¥22,500ホワイトスポットや傷で-¥7,500
Tokyo PC-¥27,000-
Minamoto-¥28,000-
スマホホスピタル-¥4,000-
大黒屋-¥19,000-

各中古ショップの詳細

ソフマップ


最高買取価格:¥19,000
査定額:¥22,100
ビックカメラグループのソフマップです。秋葉原には5号店まであり、買取は2,3,5号店で行っているようです。大手であるため、きちんとした買取カウンターがあります。今回の査定は2号店で行ってもらいました。買取カウンターは2階にあります。まず、買取に必要なフォームを記入しました。査定をお願いしたのは平日の昼間でしたが、ほぼ待ち時間なく案内してもらえました。査定では、どこのキャリアか聞かれた後、支払い残債がないかを確認していました。最初に、買い取りの最高金額が¥19,000であることを告げられました。そこから、減点方式で値引きをしていき査定額を決定するそうです。査定をお願いした2017年1月は、キャンペーンでsimロックを解除していると¥5,000の買取価格アップをしていました。買取カウンターは空いていましたが、査定待ちの商品がいくつかあったようで、査定終了までに1時間40分かかりました。査定額は¥22,100でした。内訳は最高買取額¥22,100、simロック解除+¥5,000、ホワイトスポット-¥1,900でした。

イオシス


最高買取価格:¥21,000
査定額:¥22,000
イオシスも買取センターがしっかりしています。3~4人くらいのスタッフがカウンターで査定を行っていました。平日のお昼頃でしたが、3人ほど査定のために並んでいました。査定では、まずキャリアと残債の確認していました。最高買取価格が¥21,000、simロック解除のため+¥5,000であることを告げられました。次に2分ほどの簡単な査定でホワイトスポットがあるため、-¥4,000になると言われました。つまり、¥22,000での買取になります。この提示額でOKならば本格的な査定(本当にsimロックが解除されているかとか)をするようですが、今回はお断りしました。店員さんによると、よっぽどのことがない限り、最初の簡単な査定額から変わることはないそうです。断る時に他のお店の査定額を聞かれ、頑張って他のお店より高く買い取るよと言っていただけました。交渉次第でもう少し高く買ってもらえそうでした。

じゃんぱら


査定額:¥27,000
じゃんぱらは秋葉原に5号店まであります。今回は5号店で査定を行ってもらいました。最初にキャリアの確認をされました。この時にsimロック解除済みであることを伝えました。査定は外国人のお兄さんがその場でやってくれました。受付から10分で査定は終了しました。買取額は¥27,000でした。ホワイトスポットについては特に言われなかったため、気づいていない可能性があります。最高額等は提示してもらえませんでしたが、恐らく最高額に近い値段ではなかろうかと思います。

ドスパラ


最高買取価格:¥22,000
査定額:¥19,360
パソコンの通販で有名なドスパラですが、iPhoneの買取も行っています。買取カウンターは秋葉原別館の2階にあります。本館に行って、場所を聞いたら丁寧に教えてくれました。僕が行った平日の夕方では1人が査定待ちでした。査定は10分ほどで終了しました。最高買取価格は¥22,000でしたが、僕のiPhoneは細かな傷やホワイトスポットがあるため、「B-」というランクになるため、0.8がけの¥17,600になるそうです。僕が査定をお願いした2018年1月は10%買取upキャンペーンをしていたので、査定額が1.1倍となり¥19,360でした。

ドラゴンモバイル


最高買取価格:¥30,000
査定額:¥30,000
場所はアパートの1室で、入るとカウンターだけがありました。中国系の店員さんが査定をしてくれました。査定は外観のみを見る感じで、1分もかかりませんでした。査定額は今回の検証の中で最高額の¥30,000でした。ホワイトスポット等も確認していなかったので、大丈夫なのかなとこちらが心配になりました。¥30,000という高額に即売却したい衝動にかられましたが、買取を丁重にお断りし、検証を続行しました。

ゲオモバイル


最高買取価格:¥22,000
査定額:¥27,150
ゲオモバイルは中古スマホの販売、買取や格安simを取り扱っています。最初にキャリアやsimロックの解除の有無等を最初に聞かれました。その後30分かけて査定をしてもらいました。査定額の内訳は最高買取価格¥22,000、simロック解除+¥5,000、付属品+¥150(¥50×3)でした。今回の調査では3番目に高い査定額でした。

ハードオフ

最高買取価格:¥18,000
言わずと知れた、中古品リサイクル販売の大手です。郊外型の店舗が多いイメージですが、秋葉原にも店舗があります。簡単な査定は5分ほどで行ってもらえました。最高買取価格は¥18,000と少し安めでした。ここから減額査定をしていくそうです。今回はその後の査定はお願いしませんでしたが、査定額は他よりも安くなりそうでした。

Rmobile


最高買取価格:¥21,000
査定額:¥12,000
パシフィックネットが運営する中古買取店です。査定はすぐにしてもらえました。ホワイトスポットのことで大きく減額されました。ホワイトスポットに対して一番、評価が厳しかったです。

モバイルヘッド


査定額:¥25,000
お店は少しわかりづらいところにあります。のぼりがあり、その半地下のようなところにカウンターがあります。非常に狭かったです笑
査定では他のところで最高¥30,000で査定されたと言うと、かなり驚かれていました。細かな傷があるので、うちでは頑張っても¥25,000ということでした。

トゥインクルモバイル


最高買取価格:¥22,000
査定額:¥18,000
マンションの1室といったような店舗です。店員は中国系の方で、査定は2分ほどで終わりました。ホワイトスポットがあるため、¥4,000の減額で、¥18,000という査定額でした。

ジャングル


最高買取価格:¥30,000
査定額:¥22,500
最初にキャリアとsimロックを解除していることを伝えると、最高買取価格が¥30,000であることを告げられました。そこから査定をしていただきました。査定は30分程度かかりました。細かな傷やホワイトスポットで減額がなされ、査定額は¥22,500となりました。

Tokyo PC


査定額:¥27,000
店員はインド人らしき方でした。査定は5分ほどでしていただきました。simロックが解除していることを確認できれば¥27,000で買い取っていただけるとのことでした。

Minamoto


最高買取価格:¥28,000
査定額:¥28,000
中国系の方が経営している会社です。アパートの1室をパーテンションで区切って店舗にしていました。査定の際、細かな傷は見ていないのか、減額されませんでした。純粋なsimフリーなものと比較すると、simロックを解除したものは¥2,000程度減額されることを教えてくれました。今回の調査では2番目に高い買取金額でした。

スマホホスピタル


スマホの修理を主に行っている会社ですが、iPhoneの買取も行ってくれます。しかし査定額は¥4,000と今回の調査で最も低かったです。

大黒屋


査定額:¥19,000
質屋のイメージが強い大黒屋ですが、単純に買取も行ってくれます。秋葉原店では、査定の際は小部屋に通されます。簡単な査定は10分ほどで終わりました。査定額は¥19,000でした。ホワイトスポットがなければ¥25,000ということでした。他のお店では¥25,000以上のところもあったと言うと、そちらで売った方が良いでしょうとのことでした。大黒屋に限らず、どの買取店も懐が深いお店が多いです。

まとめ

今回、査定をお願いした15社では、査定額に大きな差がありました。一番高い査定はドラゴンモバイルの¥30,000で、2番目がMinamotoの¥28,000、3番目がゲオモバイルの¥27,150でした。査定も時間をかけて念入りに行うところもあれば、そうでないところもありました。時間をかけて行うところは、丁寧に見る分細かな傷などで減額されるケースが多かったように思います。その場で、即買取を行ってくれるところは、細かな傷まで気にしないようなところが多かったです。また、今回の査定でわかったことはホワイトスポットは大きく減額される要因になるということです。やはり、画面の不具合は値段に大きく響くようです。中国系をはじめとした外資系は、ホワイトスポットがあっても高く買い取ってくれる傾向にあるように思いました。減額も会社によって、その額は大きく異なることも判明しました。スマホを高く売りたい場合は、いくつかお店を回って査定してもらうのが良いかもしれません。またお店によっては交渉次第で頑張ってくれるところもあります。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です