iPad 用Bluetooth キーボード Universal Mobile Keyboardのレビュー




僕は家で作業する時はデスクトップパソコンを利用しています。

でも、たまには、いやしょっちゅう、カフェなどで作業したいと思うことがあります。さすがにデスクトップを持っていくわけにはいきませんから、何かしらの持ち運べるパソコンが必要になります。スタバでMacBookを開く姿に憧れもあり、ノートパソコンをいくつか検討しましたが、僕の作業でそんなにハイスペックなものは必要ないことがわかりました。もともと、iPad Airを所有していたこともあり、外での作業ではiPadをフル活用することに決めました。iPadがノートパソコンより優れる点は何と言っても小さい、薄い、軽いことです。ボディバックにも入ります。また、立ち上がりが早いといったこともあります。逆にiPadがノートパソコンに劣る点は、これは本当に様々だと思います。ノートパソコンのスペックにもよります。例えば処理能力だったり、タイピング速度があげられると思います。処理能力はどうしようもありませんが、タイピング速度はある程度改善することができます。iPadは基本的にタッチパネルで入力するのはご存知の通りです。これがタイピング速度を遅くしている原因です。iPadでもキーボードを導入できれば、この点は大きく改善されます。そこで、iPadで使用でいるキーボードを検討しました。

iPad 用キーボードに求める条件

iPadと接続できること

当たり前ですね。iPadで作業するわけですから。iPadと接続するにはBluetooth 接続が基本となります。

小さいこと

せっかくiPadが小さく、機動性に優れているのに、キーボードが大きくそのメリットを相殺してしまっては意味がありません。iPadとキーボードを合わせてMacbook(ノートパソコン)よりも小さいことが理想です。

問題なく入力できる

接続が途中で途切れたり、入力中にバグが生じたりしたらストレスが溜まります。作業をする上でストレスを減らすことは非常に大切です。

充電が十分にもつ

まず大前提として、充電式であることが必要です。持ち運ぶことを前提としているため、アダプターなどはない方が望ましいです。また、充電用ケーブルもなるべく持ち運びたくないため、作業中は充電が切れないことが望ましいです。

Universal Mobile Keyboard

外観


Microsoft製ですが、まるでアップルの純正品のような出で立ちです。


iPadは写真のようにキーボードのカバーにセットすることができます。角度は2パターン変更可能です。

接続方法

Bluetooth による接続です。一度ペアリングしてしまえば、カバーを開けるだけで勝手に接続してくれます。準備を始めて数秒で作業が開始できます。作業を中断して、iPad、キーボードの双方がスリープ状態になっても、どこかのキーを押せば双方のスリープが解除されます。

大きさ


長さはiPad Airと同じです。カバーを閉じた状態でiPadよりやや分厚い感じです。


iPad Airと合わせても、僕が普段使用しているボディバックに余裕で入ります。

重さ


重さは377gです。


iPadと合わせると1kg弱となります。僕はリュックまたはボディバックに入れて持ち歩いていますが、重さは気になりません。

入力について

入力中にストレスを感じたことはありません。僕はローマ字入力なのですが、日本語入力にも対応しています。
windowsとappleでは若干、キーの位置が異なるのですが、appleのキーも灰色で表示されており、入力に困ることはありません。ちなみに、家で使用しているデスクトップパソコンはwindowsです。タッチパネルと比べると、圧倒的に入力中が楽になりました。というか、比較するまでもありません。単に文章を打つだけだったら、ノートパソコンとほぼ変わらないと言っていいと思います。

接続方法

Bluetooth による接続です。一度ペアリングしてしまえば、カバーを開けるだけで勝手に接続してくれます。準備を始めて数秒で作業が開始できます。作業を中断して、iPad、キーボードの双方がスリープ状態になっても、どこかのキーを押せば双方のスリープが解除されます。

充電について

充電はmicro USBで行います。充電は十分に持ちます。今まで出先で充電が切れたことはありません。そのため、iPad の充電ケーブルは持って行ったとしても、キーボードのためのケーブルは持って行ったことはありません。唯一の不満点と言えば、どの程度充電が残っているのか確かめられないということがあげられます。そのため、とりあえず充電をして持っていくという運用方法をしています。

まとめ

iPadでの入力能力向上のために、Universal Mobile Keyboardを導入しました。想像していた以上に、作業効率が向上したので非常に満足です。見た目もiPadの雰囲気とマッチしますし、サイズも小型で持ち運びのストレスもありません。充電の残量だけ確認できれば満点でしたが、それでも十二分にいいものだと思います。iPad用のキーボードを探している人には胸を張っておススメできます。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です