折りたたみ自転車 ミニベロ DAHON(ダホン )のBoardwalk(ボードウォーク)を買った話




僕はロードバイクを所有しています。ロードバイクは走るのに特化している自転車なのですが、ちょっとした買い物や街ブラ用には適しません。僕のロードバイクは以下で紹介しています。
ロードバイク紹介

ロードバイクが街ブラに適さない理由

乗るのに気合がいる

ロードは走るのを目的としています。なので、走る時もそれなりの恰好で走ります。ピチピチのサイクルジャージや、スパッツを履いたり、ヘルメットももちろん被ります。
別にラフな格好で乗ってもいいのですが、何となくそういう自転車ではないのです。ロード乗りなら、この気持ちをわかってくれるはず。
なので、「ちょっと買い物に」といって乗る気にはなりません。

駐輪がしづらい

ロードバイクは、見た目をとても気にします。また、重量も軽くした方が速く走るので余分なものがついていません。例えば、スタンド。ママチャリなどでは、必ずついていますが、これがありません。よって、スーパーの駐輪所にママチャリのように駐輪することができません。止めるにはどこかに立てかけるしかありません。また、非常に軽いため、軽々持っていけてしまします。それを防止するため、フェンスなどに固定するいわゆる地球ロックをする必要があります。

積載量が少ない

例えば、牛乳を買いに行くといった時に、ママチャリであれば買った牛乳をかごに入れて運ぶことができます。しかしロードバイクではそれができません。なぜならカゴがないから。
リュックを背負っていったとしても、収納量には限界があります。

デリケート

先ほども述べたように、ロードバイクは軽量化を図っています。それはタイヤも例外ではありません。しかも、速く走るために空気圧が普通の自転車に比べて高いです。そのため、通常の自転車にパンクがしやすいです。ちょっと買い物ではあまり乗りたくありません。

高価

ロードバイクにはお金がかかります。最初に買う時も、もちろん高価ですが、乗っているうちにカスタマイズなどをしていくとさらにお金がかかります。こんなロードバイクを盗られてた時には、目もあてられません。そのため、駐輪する時間は極力短くし、駐輪もフレームとタイヤを地球ロックにするという厳重な方法をとります(フレームとタイヤは簡単に取り外しができるため)。1、2時間の買い物にロードを使うのはちょっと気が引けます。

折りたたみミニベロを選択した理由


ロードバイク意外にも自転車はたくさんあります。マウンテンバイク、クロスバイク、シクロクロスなどなど。その中でも、僕がミニベロ、特に折りたたみを選んだ理由を紹介します。

機動性の高さ

何といってもこれです。折りたたみであるので、車の荷台に積んだり、電車で輪行したりが気軽にできます。僕は実家に自転車がないので、帰省した時に非常に不便に思っていたのですが、折りたたみミニベロであれば電車でも、車でも持っていくことができるので非常に便利です。また、都内でちょこっと移動したい時もとても便利です。地下鉄やタクシーで移動するのもいいですが、起点となる駅まで輪行していき、都内の移動は自転車という使い方ができます。ちょっと都内をぶらっと食べ歩きしたい時など最高の機動性を発揮します。

スタイリッシュ

ミニベロはすごくスタイリッシュな感じがしませんか。個人的には都会的ですごく好きです。
人とは少し違ったものが欲しかったので、このフォルムに惹かれました。

DAHON Boardworkにした理由

DAHONというブランド


DAHONはアメリカの折りたたみ自転車の大手メーカーです。折りたたみ自転車のおすすめメーカーに必ず名前が挙がります。世界で初めて折りたたみ自転車を開発といった記述もちらほら見かけますが、そうではないようです。でも、1982年に最初の折りたたみ自転車を発売しているので老舗といってもよさそうです。折りたたみ自転車は、折りたたみの機構がある分、普通の自転車に比べれば強度が劣るようです。そのため、なるべく安心できるメーカーがいいと思い、選びました。

コスパのよさ

折りたたみ自転車は、その複雑さから同じスペックの自転車より値段が高くなる傾向にあります。上を見れば20万、30万円のものもありました。しかし、僕の目的はあくまで街ブラ、買い物用のセカンドバイクという位置づけです。そのため、あまり高いものは必要ありませんでした。Boardworkはカタログ値で6万ジャスト(買値はもう少し安かった)と、有名ブランドの折りたたみ自転車としては手頃でした。

スタイリッシュ

フレームがクロモリですごくシャープです。このフォルムが気にいり購入しました。クロモリのため、12.4kgと少し重いですが、輪行の際に持って歩く距離は短いので特に気になりません。

まとめ

ミニベロはロードバイクのように長距離を高速で移動できる能力はありませんが、機動性、使い勝手の良さなどで、ロードにはない使い方ができます。
2台目としては、非常にいい自転車だと思います。また、女性などおしゃれに自転車に乗りたい人などにも、とてもお勧めです。
今回、購入したBoardworkについてはまた、詳しくご紹介できればと思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です