マネークリップ RIDGE のレビュー




2カ月ほど前から、マネークリップのRIDGEを使用しています。

僕は昔からマネークリップに憧れがありました。しかし、実用面を考えるとお札しか持ち運べないのは不便だと考え、購入は見送っておりました。

別に小銭入れを持ったとしても、カード類のやり場がなく、これまで通り財布を持った方が都合がいいと思っていたからです。

しかし、RIDGEというマネークリップに変えました。今回はそのレビューをしたいと思います。

こんな人におすすめ

RIDGEはこんな人におすすめです
・コンビニなどの決済はお財布携帯で済ます
・小銭入れは別に持っている
・持ち歩く物はポケットに入るものだけ
・ミニマリストを目指している
・アウトドアが好き

マネークリップとは?

そもそもマネークリップとは何なのでしょうか。

マネークリップとは、その名の通りお金(お札)を挟むためのクリップです。

お札を束ねて、持ち歩くために使います。

「そんなん、お財布でいいわ」と言われるかもしれませんが、様々なメリットがあります。

マネークリップのメリット

小ささ

最大のメリットは何といってもその小ささです。最小の財布と言われるように、これ以上小さいものは現金を生で持ち歩くしかないのではないでしょうか。

スタイリッシュ

何となく、スタイリッシュな人が持っているイメージがあります。小物にこだわる人にはお勧めです。

不要なものが入らない

お財布を使っている方は、何でもかんでもお財布に入れていませんか。

特に不要なレシート類やクーポン券でお財布がパンパンなんて人も多いはず。

僕の場合は、おみくじなんかもとりあえず、お財布に入れて、気づけば一年間入ってたなんてこともありました。

しかし、マネークリップではそんなことは起きません。なぜなら物理的に入らないから。

所詮ただのクリップですので、挟める枚数に限界があります。

必然的にいらないものは捨てることになります。整理整頓が苦手な方には是非ともお勧めします。

マネークリップのデメリット

小銭が入らない

基本的にはお札しか挟めません。小銭は小銭入れを別に持つ、ポケットに突っ込む、おつりは貰わない、または寄付するなどするしかありません。

完全なクリップ型だとカードが入らない

お札と一緒にカードを挟むことは可能ですが、どうしても制限があります。

後で紹介するRIDGEなどはカードも入るよう工夫されているので、この点はクリアできます。

お札を折る必要がある

以前は長財布を使用していたので、お札をそのまま財布に入れていました。

そのため、お札を折ることに少し抵抗があります。

別に実害があるわけではありませんが、何となく気持ちの問題です。

長財布からRIDGEに替えた理由

そもそもRIDGEとはどんなようなものかというと、カードが複数枚入るように作られたマネークリップです。

基本のマネークリップにカードケースがついたような感じです。

マネークリップのデメリットであるカードが入らないのを見事に解決しています。

長財布の不満


僕がRIDGEを買うまで長財布を使用していた理由は、単純にカッコいいのと、革物が好きだったからです。

ただ、長財布を使用していて、いくつか不満がありました。

まずは大きいこと。財布を持ってでかけるためには何かしらのバックを身に着ける必要がありました。ズボンの後ろポケットに入れていることも多かったですが、椅子に座る際はポケットから出さなければなりません。これが地味に面倒。お店などで椅子に座る場合は机に置いておけばいいので、まだいいですが、電車で座席に座る時などはバックを持っていないとずっと手に持っていることになり、非常に煩わしかったです。また、ちょっとお昼を食べに行くのにも、仰々しい長財布を持っていくのは地味にストレスでした。

次に不満だったのが、デリケートであることでした。革が好きで、長財布を選んだ僕のアンチテーゼかもしれませんが笑
天然革の良さは別のところで語るとして、ここではデメリットを紹介します。天然革(特に僕が好きなヌメ革)は、デリケートです。少しのことで傷がつきます。その風合いをエイジングといって楽しむものではあるのですが、とはいえ、あまりに大きな傷はつけたくありません。そのため、なかなかハードな使い方はできません。例えばスノーボードや山登りなどには持っていけず、安い別の財布にいちいち入れ替えを行っていました。また、革なので、水にとても弱くかなり気を遣う必要がありました。

iphoneを7にした


いきなりiPhone?と思われるかもしれませんが、これが大きな理由です。

僕は、最近iPhone6sを7に更新しました。iPhoneを7にすることで、大きな環境の変化がありました。suicaがiPhoneで使えるようになったのです。僕はお店での決済にsuicaを多用します。そのため、常にsuicaを財布に入れて持ち歩いていました。しかし、これがiPhoneだけで済むようになったので、財布にsuicaを入れる必要がなくなりました。
別にsuicaを持っていても、RIDGEにすればいいではないかと思われるかもしれませんが、RIDGEの長所にして最大の弱点である、スキミング防止機能が邪魔をします。スキミングとは、他人にカード情報を読み取られることを言いますが、RIDGEはそれを防いでくれます。それはそれでいいことなのですが、こちらがカード情報を読み取らせたい時でも、読み取ってくれないということにもなります。何が言いたいかというと、RIDGEにsuicaを入れたまま使用することはできないということです。財布の時は、読み取り機に触れる一番手前にsuicaを入れておけば、読み取ってくれましたがRIDGEではいちいち出さなければなりません。使用方法にはsuicaを1.5cmくらい出せば使用できると書いてありますが、これは少し面倒くさそうです。suicaをそのまま運用するとなると、RIDGEの他に定期入れを用意して使用する他ありませんでした。iPhone7にsuicaを入れられるようになったことで、suicaをカードで持つ必要がなくなり、RIDGEの弱点をなくすことができました。

RIDGEのレビュー

さて、2カ月間使用したのでレビューをしたいと思います。

大きさ



大きさはこんな感じです。
厚さ意外はカードそのものです。厚さは入れたカードの枚数に依存します。写真では7枚のカードを入れています。

耐久性

耐久性は非常に高いと思います。お財布のようにファスナやボタンがあるわけではないので、壊れにくいと思います。また革のように水を気にすることもありません。たとえ水たまりに落としたとしても、乾かせばまったく問題ありません。荷物を増やしたくなく、耐久性が求められるアウトドアにも最適だと思います。

使用感

カードへのアクセスは非常にスムーズです。特にストレスは感じません。お札は7,8枚くらいなら問題なく挟めます。10枚以上になってくると、膨らみが生じますので、少々無理やり感が出てきます。

話題になる

マネークリップ自体が珍しいからか、何かと話題にはなります。飲み会の話題作りくらいには一役買ってくれます。

収納量


カタログには15枚のカードが入ると書いてあります。これだけ入れば十分だとは思いますが、実際のところどうなのかやってみました。入った枚数はなんとクレジットカード様の厚めのカード25枚、トランプ様の薄めのカード15枚。脅威の収納量です。僕の手持ちのカードがこれで全てだったので、これ以上検証できていませんが、まだまだ入りそうでした。収納量がネックになることはなさそうです。さすがに、これだけ入れると厚さも増すし、使い勝手も悪そうですが。

RIDGEの運用方法

僕はsuicaを多用するのは先に述べた通りです。そのため、suicaを携帯に入れて利用しています。suicaが使用できない時は、クレジットカードを使います。クレジットカードを使えないときはしょうがなく現金を使います。小銭はRIDGEに入れられませんので別に小銭入れを持っています。ということで、ポケットには常に携帯、RIDGE、小銭入れが入っております。これでも、ポケットがパンパンになることはまったくないです。また、RIDGEに入れるカードの枚数を極力減らすため、ポイントカードなどiPhoneで使用できるものは、極力iPhoneに入れるようにしています。例えば、Tカードやポンタカード、スタバカードなどはiPhoneに入れることができます(店舗により使用できないところもあります)。また、nanaco、Edyなどいくつか電子マネーを使っていましたが、suicaに一本化することでカードを減らしました。suicaにする理由は、どこかの記事に譲りますが、簡単に言えばポイント還元率が良いのと普及率が高いからです。


まとめ

パンパンの財布に悩んでいる方、みんなとは少し違う財布が欲しい方、ミニマリストを目指している人方、アウトドアが好きな方、RIDGEを一度検討してみてはいかがでしょうか。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です