水槽の立ち上げ(購入資材について)




どうもチャゴマです。

水槽の立ち上げをしようと奮闘中です。

前回は流木のあく抜きを行いました。
水槽の立ち上げ(流木の灰汁抜き)

今回は、これからの水槽設置に向けて、いろいろと購入しましたので紹介したいと思います。

まず、購入した一覧がこちら。


一番上は、上部フィルターに使用するろ過マット。これは、レイアウトで使用します。後々の記事で書きたいと思います。
その下、左から外部フィルターMEGA POWER 2045に使用するろ過マット活性炭。その右が、底砂の一部に使用するソイル「水草一番サンド」。
続いて、メインの底砂に使用する予定の田砂。その横は、CO2添加装置の諸々。
下にあるのが、フィルターに使用する予定のMEGA POWER 2045と、レイアウトに使用する溶岩石です。

フィルターには外部フィルターを使用することとしました。その中でMEGA POWER 2045を選んだ理由は、コンパクトだったからという単純な理由です。
60cmロー水槽なので、普通の60cm水槽用のフィルターでは大きすぎるだろうと判断しました。
MEGA POWER 2045のいいところは小さいだけではありません。
詳細は商品HPを参照していただきたいですが、このフィルターは縦置き、横置きができます。なので置き場所を選びません。

底砂は田砂をメインとすることとしました。田砂にしたのはコリドラス類を飼いたいなぁと思ったからです。
コリドラスは川底で暮らすナマズの仲間です。川底の砂や土に口を突っ込んで餌を探します。

水草びっしりの水槽にする場合はソイルが向いていると思いますが、コリドラスの性質上、水草を植えても引き抜かれるのがオチだろうなぁと思いました。
仮に引き抜かれなかったとしても、コリドラスにとっては住みづらい環境でしょう。

ソイル以外にも大磯砂などもありますが、粒が大きいので、やはりコリドラス向きではないだろうなと思いました。
田砂の使用感については、いつか書ければと思います。

上に水草は・・・とか書いてるくせにやっぱり水草は欲しい!
そこで、水槽の一部に水草区画を設ける計画を立てました。そこに敷くのが水草一番サンドです。
詳細については後日書きたいと思います。

水草を育てるからには、ちゃんと育てたいので、CO2装置も同時購入しました。

購入した資材はこんな感じです。
これから本格的に水槽を立ち上げたいと思います。その様子はまた、後日に。

お読みいただきありがとうございました。

ではでは。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です