水槽立ち上げ(水槽の選定と流木の購入)




どうもチャゴマです。

先日、念願の熱帯魚水槽を立ち上げたので、数回に渡って立ち上げの様子を書きたいと思います。

熱帯魚のいる水槽って良いですよね。見てるだけで癒されます。昔から熱帯魚水槽のある部屋に憧れていました!今回は、やっとこさそれを実行に移すことになりました。

水槽のイメージ

水槽を置くとはいったものの、何の知識もなかったので、とりあえずネットでポチポチして調べました。いろいろ調べるなかで以下のようなイメージにしようかなぁっと考え始めました。

・部屋が小さいので、大きすぎない水槽にしたい(かといって小さすぎず)
・流木や石で自然な景観を作りたい
・水草も入れてある程度キレイなレイアウトにしたい
・丈夫で少し変わった魚を入れたい

とりあえず、こんなイメージを持って熱帯魚屋さんに向かいました。

水槽と流木選び

よく見かける水槽は60cm水槽と呼ばれる、横60cm、奥行き30cm、高さ36cmの水槽。水槽は大きい方が水質の安定しやすいといったメリットがあるらしいです。お魚にとっても大きい水槽の方が居心地がいいでしょうね。
ただ、残念ながら60cm水槽は我が家には無理でした。それは水槽を置く場所の問題。まず高さがネックです。水槽自体の高さは36cmですが、上に照明を置こうと思っているので、さらに高くなります。
水槽を置こうと予定していたところは、31cmしか高さがありません。次に重さです。60cm水槽は満水にするとそれだけで65kgくらいになるそうです。
そこに、砂やら照明やらを追加すると80kg弱くらいに達すると考えられます。
今回水槽を置こうと思っているのは、無印良品のユニットシェルフの上。このユニットシェルフ、メーカーによると耐荷重は、30kg/棚板、50kg/棚全体だそうです。
60cm水槽では完全にオーバーです。ということで60cm水槽は断念。そもそも、水槽専用の台を買えって話ですが、そんなもの置くスペースがあるほど家が広くない。。

次に考えたのは30cmキューブ水槽と呼ばれる水槽。こちらはコンパクトで場所を取らないので人気があるそう。ただ、やはりコンパクトな分、水質の安定化が難しそうです。
水質が悪化して、お魚を星にするのもかわいそうなので、もう少し容量の大きい水槽が欲しいところ。高さも少し高いため厳しい。

さらに、いろいろ見ていると、こんな水槽を発見。

横幅と奥行きは60cm水槽と同じで、高さのみ23cmという水槽。寿工芸 コトブキ アクアスタイル 600LOW(通称、60cmロー水槽)。これなら60cm水槽よりも低いため、置き場所の問題はクリアできそうです。さらに、重量も軽くなります。満水にすると41.5kg。上で述べた耐荷重を考えるとオーバー気味ですが、ここは細工して何とかします。

また、キューブ水槽に比べると容量は多くなるため水質の安定化にも貢献してくれそうです。

とりあえず、水槽はこれに決定することにしました。

さらに店内を物色していると、ちょうど水槽に入る大き目の流木を発見。購入することにしました。

買った水槽と流木がこちら。


とりあえず、流木と水槽は手に入れました。諸々必要なものは後々揃えていきます。

流木はそのまま使用すると灰汁が出て、水槽の水が茶色くなってしまうらしいので、流木の灰汁抜きから実施していきたいと思います。

水槽立ち上げの流れ

水槽立ち上げの流れとしては、

流木の灰汁抜き

流木や石のレイアウト

水草のレイアウト

水づくり

パイロットフィッシュ導入

その他の生体導入

って感じでやっていきたいと思います。次回は流木の灰汁抜きについて書きたいと思います。








2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です